最安値 リフォーム

元ぼったくりリフォーム工事屋がこっそり教える最安値でのリフォーム方法!

こんにちは、僕は元リフォーム屋でしかもその会社がぼったくり業者でした.
その仕事をしているときは
できるだけリフォーム工事の費用を高く取ってやろう!ってしていましたが、そんな中でもどうやっても高い金額が取れないお客さんがいました。

 

高い金額が取れないお客さんには共通点がありました。

 

それを知っていればリフォーム工事ぼったくられたりせずに最安値リフォーム工事することが
可能だと思い【最安値リフォーム方法】として紹介します。

 

 

 

まずは下記のサイト見積もりを集めてください。
↓↓↓
リショップナビで見積もり依頼

 

あとこちらで見積もり依頼するとクオカード1000円もらえるので
ゲットしておいてください。
↓↓↓
タウンライフリフォームで無料見積もり


最安値でリフォームするため交渉方法コツとは

商品知識、費用相場を知る。

 

まず、ぼったくり業者はお客さんに商品知識があるか試します。
そして商品知識がないとわかれば相場以上高額請求してきます。

 

よくお客さんにリフォームの工事の内容について聞くと、「詳しくないからお任せします。」
とか言われたりしました。

 

これは絶対に言ってはいけない言葉です。

 

これを言うとぼったくられたり業者の都合のいい工事をされてしまいます。

 

業者の都合のいい工事は、例えば不良在庫の商品を勧められたり、
雑な工事をされたりします。

 

詳しくないから、雑な工事してもわからないって判断してめちゃくちゃやったりします。

 

ですので、リフォームの内容や商品知識や費用相場は最低限知っておかないといけません。

 

 

相見積もりをして、見積もりを集める。

 

 

見積もりを複数集めることは最安値リフォームするための必須事項です。

 

なぜならたまたま頼んだ業者がいい業者で安くやってくれる可能性はとても低いからです。

 

例えば最初に来た業者の人がとても感じのいい人だったから信用できそうとか
判断するしたりすると失敗することがあります。

 

すべてではありませんがぼったくり業者ほど、口がうまくて
人当たりがよくて感じがいい人が多いです。

 

 

逆に安く良心的な業者ほど口下手で説明が下手で感じの悪い人であったりします。

 

俗にいう職人気質のような業者さんって感じ人がいい工事してくれたりします。

 

そんな優良な業者を見極めるために複数の見積もりを取る相見積もりが必須になります。

 

集めた情報、見積もりをもって最安値交渉をする。

 

 

相見積もりを取っていれば商品知識費用相場も分かったと思います。

 

複数見積もりを取ると、こんなに同じリフォーム内容でも金額が業者によって
違うということに驚くと思います。

 

業者によって倍以上離れていたりします。
この理由は色々あります。

 

例えば、その業者が忙しいとか、暇か、とかそんな理由でもあったりもします。

 

忙しいと、他にも仕事はたくさんあるのでわざわざ安く工事したりしません。

 

逆に暇だと、職人が余っていて、仕事がなくても給料を払わないといけない場合があったり
するので安くても工事するということがあります。

 

もちろん他にも業者の規模とかいろいろと工事費用を決める要因はあります。

 

そんな事情を理解した上で、いよいよ最安値リフォームするための
業者を決めるために交渉をしていきます。

 

そのために複数の見積もりをまず、比較をしていきます。


最安値でリフォームするため交渉方法

例えば工事内容が同じで金額が65万と87万と

 

72万と62万の見積もりがあったとします。

 

 

複数の見積もりを取ったことによって

 

相場が60万~80万くらいのリフォームだと理解できました。

 

この場合、例えば最初に87万円の業者がきて
即決してしまっていたら…
とても高いリフォームになってしまいます。

 

そんな結果も複数の見積もりを取ったことによって
回避できます。

 

 

そして相見積もりの中の62万の業者に頼めば最安値リフォームです。

 

とは言いません。

 

ここからが始まりといっても過言ではないです。

 

すべての業者に電話していきます。

 

そしてこう言ってください、
『他の業者が55万でできると言ってますが、
予算が50万なのでその金額でできませんか?』

 

 

そうして複数の業者に少し金額を逆に吹っかけていきます。

 

 

あえて少し無理な金額を提示して限界を探っていきます。

 

なぜそんなことをするかというと、

 

最初に出す見積もりは結構余裕のある見積もりであったりするからです。

 

業者によって違いますが、見積もりをするときに必ず粗利を何パーセント取る

 

とかを計算して出しています。

 

 

例えば65万の見積もりを出しているときに業者は、

 

材料が25万で人件費が10万で粗利が30万だな、とか考えてやってます。

 

 

値引きをする場合その粗利を削っていくしかないということです。

 

その金額がいくらまで可能かはその業者の状況によります。

 

ですので交渉で探っていくことが必要になってきます。

 

 

他の業者が55万でできるといったことによって、
各業者がこの工事がしたければ55万以下で金額提示しないと
仕事がもらえないと考えて金額を下げて提示してくれたと思います。

 

もちろんそんな金額ではできない、という業者がいてもおかしくないです。

 

そんななかで54万でなら、とか52万なら、とか
もしかしたら50万でやります!

 

なんて言ってくる業者もいたかもしれません。

 

金額交渉をすることによって、複数の業者がそんな金額は無理です、
この金額が限界です。

 

とか言ったりしたのを聞いたと思います。

 

その限界だと言う金額でリフォームをすれば最安値リフォーム達成です。

 

 

以上がぼったくりリフォーム業者が教える最安値リフォーム方法になります。

 

下記から全国対応で無料見積もりができるところを厳選しましたので
複数の見積もりを取って比較して交渉してみてください。

 

↓↓↓
リショップナビで見積もり依頼

 

 

 

 

上記のリショップナビの見積もりを取って、実際に高いところと比較して50%近く安く工事できた

 

といった声も入ってきていますので最安値でリフォームしたい方はやってみてください。

 

 

 

あとこちらで見積もり依頼するとクオカード1000円もらえるので
ゲットしておいてください。
↓↓↓
タウンライフリフォームで無料見積もり